先日、中華ミニPC『TRIGKEY Speed S』の音が出なくなりました

 

エミュレーター用に購入したミニPCについてはこちら↓

 

急に音が出なくなった理由がわからず、とても困りました。

ゲームのエミュレーター用に購入したミニPCなのに音が出ないなんて!

 

ネットで音が出ない際の対処法を調べてあれこれ試してみても変化がなく、

2日かけてようやく音が出るようになりました

恐らく同じような症状で困っている人もいると思うので、私の場合の対処法を紹介します

私はPCに詳しくないので、理屈はよくわかりませんが…。

 

スポンサーリンク

1. 音が出なかった際の表示

まず、音が出なかったとき、PCはどのように表示されていたかを見ていきます。

デスクトップのスピーカーアイコン

デスクトップのタスクバー上の『スピーカーアイコン』に

『×』が付いており、『オーディオ出力デバイスがインストールされていません。』と表示。

1デスクトップの表示

 

サウンド設定画面

設定→サウンド画面には、『出力デバイスが見つかりません』と表示。

2サウンド設定画面

 

購入時は問題なかったはずなのに、どうしてこうなったのか…。

 

スポンサーリンク

2.デバイスマネージャーを確認

タスクバーの『Windowsマーク』を右クリック→『デバイスマネージャー(M)』でデバイスマネージャーを見てみます。

デバイスマネージャーのサウンドデバイスを見ると『ESAuDriver Device』というデバイスが入っています

そして、『ほかのデバイス』の中に『マルチメディア オーディオ コントローラー』があり、これがエラーになっています

3デバイスマネージャー

 

ESAuDriver Device

デバイスマネージャーの『ESAuDriver Device』の項目を右クリック→『プロパティ』を選択して

『ESAuDriver Device』のプロパティを見てみます。

『ESAuDriver Device』は正常に動作しているらしい。

4ESAuDriver Device

 

ということは、音が出ない原因は『マルチメディア オーディオ コントローラー』にありそうです。

 

スポンサーリンク

3. マルチメディア オーディオ コントローラー

同様にデバイスマネージャーで項目を右クリック→プロパティを選択して

エラーが出ている『マルチメディア オーディオ コントローラー』のプロパティを確認し、

『ドライバの更新』・『デバイスのアンインストール→再起動』等ネットで調べた対策をしてみるが変化なし

 

そしてネットの海を長時間彷徨った結果、中華PC『CHUWI』のフォーラムページを発見!

このページに投稿されている解決策を試してみる ことに。

 

3-1. デバイスのオプションを確認

デバイスマネージャー

→マルチメディア オーディオ コントローラー

→プロパティ ウィンドウ

→詳細 タブ

→プロパティで『デバイス インスタンス パス』を選択

→『VEN_○○○○&DEV_○○○○』の値を調べる

私の場合は、『VEN_8086&DEV_9DC8』

5マルチメディアオーディオコントローラー

 

 

3-2. Intel(R) Smart Sound Technology (Intel(R) SST) Audio Controllerの最新ドライバをインストール。

VENとDEV番号で検索

私は『VEN_8086&DEV_9DC8』で検索

5VENとDEV番号をネット検索

 

VENとDEV番号に対応する『Intel(R) Smart Sound Technology (Intel(R) SST) Audio Controllerの最新ドライバ』をインストール

私はこちらのページのバージョン『26.20.100.7158』をダウンロードしました。

6ISSTのダウンロード

 

ダウンロードしたファイルを解凍

7ISSTインストーラー解凍

 

『igxpin.exe』をダブルクリックしてインストール

8ISSTインストール

 

これでISSTのインストールは完了 です。

 

3-3. 3-2でインストールしたISSTの Windows10用ドライバ をインストール。

続いて、3-2でインストールしたISSTのwindows用ドライバをインストールします。

私のPCは『Windows10 Pro』なので、『VEN_8086&DEV_9DC8』かつ『Windows10 Pro』でネット検索

Dell用のドライバ、HP用のドライバ等、複数のページに沢山ドライバが出てきます

手元のPCがどのドライバで動くかはわからないため、総当たりで試すしかない 様です。

復元ポイントを作成して、復元しながらの総当たりをおススメします

復元ポイント作成方法
1. タスクバーの『Windowsマーク』を右クリック→システム(Y)を選択
2. 『関連設定』にある『システムの保護』を選択
3. 一番下にある『作成』をクリック
4. 復元ポイントの識別名を入力→『作成』をクリック
5. 『復元ポイントは正常に作成されました。』と表示→閉じる
6. システムのプロパティで『OK』を選択→システム画面を閉じる
システムの復元方法
1. 起動しているアプリをすべて終了する
2. タスクバーの『Windowsマーク』を右クリック→『システム(Y)』を選択
3. 『関連設定』にある『システムの保護』を選択
4. 一番上にある『システムの復元』をクリック
5. 『システム ファイルと設定の復元』画面で『別の復元ポイントを選択する』にチェック→『次へ』をクリック
6. 『作成した復元ポイントの識別名』を選択→『次へ』をクリック
7. 『復元ポイントの確認』の内容を確認→『完了』をクリック
8. システムの復元が完了すると再起動される

 

私はこちらのページの『n2sa106w.exe』をインストールすると音が出るようになりました

9driveridentifier

この下にもずっと行が続き、その中のこちら↓をダウンロードして

10n2sa106w

 

『n2sa106w.exe』をダブルクリックしてインストール→再起動

11n2sa106wインストール

 

これでISSTの Windows10用ドライバ をインストールは完了 です。

音が出ない状態であれば、そのドライバは手元のPCに対応していない ことになります。

作成した復元ポイントを使ってシステムを復元して、再度他のドライバを試してください

 

4. 音が出るようになった際の表示

音が出るようになった後、PCはどのように表示されているかを見てみます。

デスクトップのスピーカーアイコン

デスクトップのタスクバー上の『スピーカーアイコン』の×が消えています

12音が出るようになった!

 

サウンド設定画面

設定→サウンド画面の『出力デバイス』にモニタとして繋いでいるテレビが表示されています

13音が出るようになった!

 

デバイスマネージャー

デバイスマネージャーを見てみると、

『インテル(R)ディスプレイ用オーディオ』が追加 されています。

14デバイスマネージャー

 

 

番外編

上記で音が出るようになりましたが、デバイスマネージャーを見ると『I2Sdevice』でエラーが出ています

こちらも対処しようと数時間頑張りました

 

『ESAuDriver Device』の最新ドライバを探したり、

『ESAuDriver Device』の『I2Sドライバ』を探したり、

『ESAuDriver Device』をアンインストールして

『Realtek HD Audio Manager』のWindows10(64bit)ドライバをインストールして

『Realtek I2S Audio Codec』のドライバをいくつかダウンロードして更新を試みました。

 

しかしながら、『I2Sdevice』や『インテル(R)ディスプレイオーディオ』の記載は変化なし

該当のドライバーを見つけることができませんでした

 

この辺りで音が出ない症状の対応に既に丸2日かかっていることもあり

「音は出るし、まぁ、いいか」と『I2Sdevice』のエラー対応は諦めました。

 

 

まとめ

今回は、PCの音が出なくなった際の対処法をご紹介しました

音は出るようになったものの、別のエラーは残っていますが…。

 

『ESAuDriver Device』は中国の会社が作ったシステムで、中華PCに入っているものの様です。

(私は今までサウンド関連は『Realtek』しか見たことがありませんでした。)

 

ネットで検索すると、購入した中華PCに『ESAuDriver Device』が入っていて

音が出ないという症状の方が少ないながら見受けられました

 

安さに魅かれて中華PCを購入する方も多いですよね。

そして『ESAuDriver Device』が入っていて私と同様に悩まれる方もいるかと思います。

この記事が誰かの役に立てるといいなと願っています

 

 

エミュレーター用に購入したミニPCについてはこちら↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう