こんにちは、病み子です。

 

今週は楽天ユーザー驚愕のニュース が入ってきましたので内容を確認していきたいと思います。

楽天ゴールドカード サービス改定のご案内

2021年1月14日、楽天カードのサイトに
楽天ゴールドカード サービス改定のご案内】というお知らせが掲載されました。

変更内容
  • 2021年3月31日まで 楽天市場でのお買い物でポイント+4倍
  • 2021年4月1日から  楽天市場でのお買い物でポイント+2倍
    その代わりとして、4月1日以降はお誕生月に楽天市場・楽天ブックス利用でポイント+1倍

また、楽天ゴールドカードを持っている人は、
3月31日までに楽天e-naviで手続きをすると年会費を返金してもらえる とのこと。

楽天ゴールドカードとは?

楽天ゴールドカードは、楽天市場でお買い物をする人に人気のカード です。

通常の楽天カードとの違い3点
  • 年会費は2,200円かかりますが、楽天SPUでポイント+2倍
    楽天市場で年間11万円以上お買い物をする人だと、通常の楽天カードよりお得
  • 国内空港ラウンジが年2回無料
    現金支払いだと1回1,000円程度かかるので、2回利用すればそれだけで年会費の元が取れます。
  • ETCカード年会費無料

楽天ゴールドカードを持っている方は、楽天SPUのポイント倍率+2倍が目当ての人が多い 印象です。

4月1日以降の楽天ゴールドカードと通常の楽天カードを比較する

では、今回の改訂で4月1日以降の楽天ゴールドカードと通常の楽天カードのサービスを比較してみます。
楽天ゴールドカードと楽天カードで違いがある部分に色を付けています。

1)年会費 楽天ゴールドカードは2,200円、楽天カードは無料。

年会費2,200円払ってもいいと思えるサービスがあるかどうかがカギですね。

2)利用可能額 楽天ゴールドカードは200万円、楽天カードは100万円

利用可能額とは、ショッピングで使える金額のことです。
人によって枠がどれほど必要かは違うと思います。

3)特典 楽天ゴールドカードのみ【お誕生月サービス】があります。

誕生月のみポイント+1倍 してもらってもあまりお得感はないかもしれないですね…。

4)国内空港ラウンジ 楽天ゴールドカードのみ年2回無料

旅行が多い方は、恐らく楽天ゴールドカード以外のカードでラウンジ利用 や旅行保険付帯のサービスを利用する気がします。

5)ETCカード 楽天ゴールドカードは無料、楽天カードは年会費550円

ただし、通常の楽天カードでも楽天pointclubの会員ランクがダイヤモンド会員・プラチナ会員の人は年会費無料 になります。

https://www.rakuten-card.co.jp/service/etc-card/

楽天ゴールドカードは解約ラッシュ!?

以上、2021年4月1日以降の楽天ゴールドカードと楽天カードを比較してみました。

私個人の感想だと、年会費2,200円払うほどのお得さを得ることは難しい気がします。

旅行が多い方は、恐らく楽天ゴールドカード以外のカードでラウンジ利用 や旅行保険付帯のサービスを利用するでしょう。

ETCカードもある程度楽天を使っている人は、ダイヤモンド会員・プラチナ会員になっているでしょうから、
通常の楽天カードでもETCカード年会費無料 です。

今回の改訂で楽天ゴールドカードの立ち位置・存在意義がわからなくなりました。

年間55万円以上楽天市場を利用するヘビーユーザーは、SPU+4倍の楽天プレミアムカード
それ以外の楽天ユーザーは通常の楽天カード へ変更すると思われます。

お得なサービスは改悪されていくもの

私は通常の楽天カードを持っているので、今回の改訂で影響はありません。

ですが、楽天SPUの改悪が進んでいるのを感じます。

多くの人がお得に群がると企業の負担が増加 しますから、改悪していくのは仕方ないことですね。
昨今のコロナで少しでも安く・お得に生活したいという人も増えていると思いますし。
楽天モバイルは契約後1年無料キャンペーンもしていますしね。

サービス改悪は仕方ないですが、それにめげずにお得情報を収集して、
その時最もお得と思われるサービスを使い倒していきましょう!

それでは、またね。

楽天カードを更にお得に使う方法はこちら↓

楽天カードの申込方法はこちら↓

楽天カードの初期設定はこちら↓

楽天証券のカード支払い設定についてはこちら↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク