今まで、3DSの改造をし

 

DSカートリッジの吸出しをしました

 

今回は、3DSゲームデータの吸出しをしていきます

 

この記事で紹介する吸出し方法は『Citra』というエミュレータ専用です

他のエミュレータを使用する方は別の方法になりますのでご注意ください。

『Citra』を使いたい方で、吸出し結果が上手くいかなかった場合に試していただけたらと思います

 

カートリッジROMの吸出し・『Citra』にインストール、

カートリッジ内セーブデータの吸出し・『Citra』にインストール、

ダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データの吸出し・『Citra』にインストール

の流れで進めていきます。

 

!吸出し・改造の際の注意!

私はPCのエミュレーターで遊びたいので、吸出しをしています。

あくまでも、自分が所有しているソフトを、自分がプレイするための措置 として行っています。

ネット上からダウンロードしたり、吸出しデータを保存しているソフトを売却することはしません

 

また、3DSの改造は『3DS本体』に非公式アプリを入れるため、法律的に問題がある可能性があります  。

さらに3DSを改造すると、任天堂のサポートを受けることはできなくなります

改造に伴い3DS本体が動かなくなったり、アカウントBANされたりしても自己責任となります。

 

吸出し・改造ともに法律的に問題がある可能性があります

ですが、私は法律に詳しくなく確実なことは分かりません

もし参考にされる方がいましたら、自己責任で 行ってください。

 

Contents

スポンサーリンク

使用するもの

使用するものは5点 です。

  • 改造済3DS(3DSLL・2DS・New3DS・New3DSLL・New2DSLLも可)
  • SDカード(8GB以上推奨・改造のデータが入ったもの)
  • 3DSカートリッジ(吸出し用)
  • PC(ネットにつながっているもの)
  • カードリーダライタ(SDカードをPCに接続するための装置)

使用するもの

 

吸出したゲームデータはSDカードに保存されます ので、SDカードの容量が不安な場合は大容量のものに交換するのもおススメ です。

3DSのSDカードを大容量のものに入れ替える方法はこちら↓

 

吸出しは改造済Old2DSで行いますが、3DS・3DSLL・New3DS・New3DSLL・New2DSLLでも同様の操作で吸出しできます

この記事では以降3DSと表記 します。

このOld2DSも、以下の記事と同様に改造しました。

 

今回吸出しに使用するOld2DS・3DSカートリッジは北米版で、3DSのメニューは英語で表示されています。

吸出し作業としては日本版3DSも同じですので、気にせず進めてください。

 

スポンサーリンク

『Citra』のインストール

まず、今回使用するエミュレータの『Citra』をPCにインストールします

『Citra』をダウンロード

ダウンロードサイトにアクセス

ダウンロードURL:https://citra-emu.org/download/

 

『Download for Windows x64』を(赤印部)をクリックしてダウンロード

1.Citraをインストール

 

『Citra』をインストール

ダウンロードフォルダの『citra-setup-windows.exe』をダブルクリック

2.citra-setup-windows.exeをダブルクリック

 

インストール先を確認→『次へ』をクリック

3.次へをクリック

 

『Citra Nightly』にチェック→『次へ』をクリック

Citra Canary:開発・テスト中のバージョン。動作が不安定。

Citra Nightly:Canaryでテストされ、動作確認が取れたバージョン。Nightlyの方が動作が安定しています

5.次へをクリック

 

『ライセンスに同意する』にチェック→『次へ』をクリック

6.ライセンスに同意する→次へをクリック

 

『スタートメニュー』に作成するショートカット名を設定→『次へ』をクリック

7.次へをクリック

 

『インストール』をクリック

8.インストールをクリック

 

インストール完了→『完了』をクリック

9.完了をクリック

 

『スタートメニュー』に『Citra Nightly』アイコンが表示された

タスクバー右下の『windowsマーク』を押して表示される『スタートメニュー』に『Citra Nightly』が表示されました。

10.スタートメニューにアイコンができた

 

『Citra Nightly』を起動

『スタートメニュー』の『Citra Nightly』アイコンをダブルクリックすると、起動できます。

11.citra起動

 

これで『Citra』のインストールは完了です

 

スポンサーリンク

カートリッジROMの吸出し

SDカード・ゲームカートリッジを3DSに挿入

改造の際のデータが入ったSDカード・吸出す3DSカートリッジを改造済3DSに挿入します。

 

『STARTボタン』を押しながら電源ON→『GodMode9』起動

『STARTボタン』を押しながら電源を入れると、『GodMode9』が起動します。

『GodMode9』でカートリッジROMを吸出します

1.STARTを押しながら電源ON

 

上画面『[C:]GAMEVART』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

十字キーの上下でカーソルを動かして、上画面の下から3行目『[C:] GAMECART()』にカーソルを合わせ、Aボタンを押します。

2.GAMECARTにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

上画面『~.trim.3ds』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

上画面の『~.trim.3ds』にカーソルを合わせて、Aボタンを押します。

『~.trim.3ds』:カートリッジ内のROMデータの空領域をカットしたデータ

3.trim.3dsにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

『trim.3ds』は、カートリッジ内の容量のうち空の部分を吸出さない設定で、データ容量が少なくて済みます

上から2行目『.3ds』で吸出すと、カートリッジ内のデータを空の領域も含めてそのまま吸出します

エミュレータで遊ぶ分には、データ量が小さな『trim.3ds』で問題ありません

 

下画面『NCSD image options...』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

4.NCSD image optionsにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

下画面『Build CIA from file』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す→吸出し開始

カートリッジROMを『.cia』形式で吸出します。

5.Build CIA from fileにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

吸出しが始まります。

『~.trim.3ds』(ROMデータ)ファイルの吸出しは20分程度かかります。

7.吸出し開始

 

吸出し完了→『Aボタン(進む)』を押す

7.Aボタンを押す

 

『R + STARTボタン』を同時押し→電源OFF→SDカード取り出し

吸出し作業が終わったら、『R+STARTボタン』を同時に押して、3DSの電源を切ります。

8.R+STARTボタンを同時押し→電源OFF

 

電源が切れた後、SDカードを取り出しPCに接続します。

 

SDカード→『gm9』フォルダ→『out』フォルダ内のデータ

SDカード内の『gm9』フォルダ→『out』フォルダ内を確認すると、新しく『.cia』ファイルが1つ作成されています

9.gm9→outフォルダ内データ

 

『.cia』ファイルをPCに保存→『.cia』のファイル名を変更

10.ciaファイルをPCに保存

 

ファイル名を判別しやすい英数字に変更して、PCに保存します

11.ファイル名を変更

ファイル名の注意点
ファイル名は半角英数字でつけます
ひらがな・カタカナ・漢字を使用すると、エミュレーターでエラーが出ることがあります

 

これで3DSカートリッジROMの吸出しは完了です

 

カートリッジROMのインストール

吸出したカートリッジROMである『.cia』ファイルを『Citra』にインストールしていきます

『Citra』を起動

『スタートメニュー』の『Citra Nightly』アイコンをダブルクリックして、『Citra』を起動します。

1.citra起動

 

メニューバーの『ファイル』→『CIAをインストール』をクリック

『Citra』画面上部の『ファイル』→『CIAをインストール』をクリックします。

2.ファイル→CIAをインストール

 

読込む『.cia』ファイルを選択→『開く』をクリック

『ファイルの読み込み』ウィンドウが開きます。

読み込む『.cia』ファイルを選択し、『開く』をクリック

3.ciaファイルを選択→開く

 

インストール完了

『Citra』にカートリッジROMをインストールできました。

4.インストール完了

 

これでカートリッジROMのインストールは完了です

この時点では、カートリッジ購入時の状態であり、セーブデータ・DLC・更新データは反映されていません

 

カートリッジ内セーブデータの吸出し

続いて、カートリッジ内のセーブデータを吸出していきます

『JKSM』をダウンロード

カートリッジ内のセーブデータは『JKSM』というアプリを使って吸出します

 

ダウンロードサイトにアクセス

ダウンロードURL:https://github.com/J-D-K/JKSM/releases

 

『JKSM.3ds』(赤印部)をクリックしてダウンロード

1.JKSM.3dsをダウンロード

 

ダウンロードした『JKSM.3ds』を、SDカード→『3ds』フォルダにコピー

2.JKSM.3dsをSDカード→3dsフォルダ内にコピー

 

SDカードを3DSに挿入→電源ON

ここでは通常通り、電源ボタンを押して電源を入れます

3.3DSの電源ON

 

『Homebrew Launcher(HBL)』を開く

4.Homebrew Launcherを開く

 

『JKSM』をタッチ

5.JKSMをタッチ

 

『Titles』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

6.Titlesにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

吸出すゲームタイトルにカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

挿入してあるカートリッジは一番上に表示されます

2行目以下は、3DS内に保存されたダウンロードソフトのセーブデータです。

7.吸出すタイトルにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

『Save Data』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

8.Save Dataにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

『New』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

セーブデータを保存するフォルダーを新しく作成します。

9.Newにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

セーブデータを入れるフォルダ名を入力→『OK』をタッチ→吸出し開始

フォルダ名の初期値として、3DS内の日時が表示されます。必要があれば変更してください。

(私は日時設定を適当にしているため、2001年になっていますが気にしないでください)

10.セーブデータを入れるファイル名を入力→OKをタッチ

 

吸出し完了→『Bボタン』を数回押して『Homebrew Launcher(HBL)』画面に戻る

吸出しは一瞬で終わります。

『Bボタン』を数回押して『Homebrew Launcher(HBL)』画面に戻ります。

11.吸出し完了→Bボタンを押す

 

『HOMEボタン』を押して『Homebrew Launcher(HBL)』を終了

『Homebrew Launcher(HBL)』を終了します。

12.Homebrew Launcher画面でHOMEボタンを押す

13.Homebrew Launcherを終了する

 

3DSの電源OFF→SDカード取り出し・PCに接続

14.電源OFF→SDカード取り出し

 

電源が切れた後、SDカードを取り出しPCに接続します。

 

SDカード→『JKSV』フォルダができた

SDカード確認すると、新たに『JKSV』フォルダが作成されています

15.SDカード→JKSVフォルダができた

 

『JKSV』フォルダ→『Saves』フォルダ→『吸出したゲームタイトル』フォルダ→『設定した名前の』フォルダ→セーブデータ

セーブデータは複数のファイルであることが多いです。

今回吸出した『ファイアーエムブレムif』には、5個のセーブデータがありました。

16.JKSVフォルダ→Savesフォルダ→吸出したゲームタイトルフォルダ→設定した名前のフォルダ→セーブデータ

 

これでカートリッジ内セーブデータの吸出しは完了です

 

カートリッジ内セーブデータのインストール

吸出したカートリッジ内セーブデータを『Citra』にインストールします

Citraでソフトを1回起動→ゲームを終了

『Citra』にゲームROMの『.cia』をインストール後、ゲームを起動したことがない状態ではセーブデータの保存先がありません

1.Citraにciaをインストール後、ゲームを起動したことがない状態

 

ゲームを1度起動すると、セーブデータの保存先が自動で作成されます

 

『Citra』の『インストールされたタイトル』のセーブデータを保存したいタイトルを右クリック→『セーブデータの保存先を開く』をクリック

『インストールされたタイトル』でゲームを右クリックすると、『セーブデータ保存先を開く』が選択できます

2.セーブデータを入れるゲームを選択して右クリック→セーブデータの保存先を開くをクリック

 

開いたウインドウにセーブデータを貼り付け→右上の『×』をクリックしてウインドウを閉じる

開いたウインドウに、吸出したセーブデータを全て貼り付けます

今回吸出した『ファイアーエムブレムif』には、5個のセーブデータがありましたので5個貼り付けます。

3.開いた画面にセーブデータをコピー→×印で閉じる

 

これでカートリッジ内セーブデータのインストールは完了です

この時点でゲームを起動すると、セーブデータを使用できることが確認できますが、DLC・更新データはまだ反映されていません

 

ダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データの吸出し

今までの作業ではカートリッジ内データを吸出しただけで、SDカード内のデータは吸出しはできていません

ダウンロードソフト(VCを含む)・ダウンロードソフトのセーブデータ・DLC・ソフトの更新データ は、SDカード内のデータです。

そのため、今度はSDカード内のデータの吸出しを行います

SDカード内データ吸出しでは、『Citra専用の吸出し・インストールツール』である『threeSD』を使用します

『GodMode9-v2.0.0』をダウンロード

改造時には最新版の『GodMode9』を使用しているはずです。

今回使用する『Citra専用ツール』は、最新版の『GodMode9』に対応していません。

そのため『GodMode9』のバージョンを『v2.0.0』に下げる作業を行います

 

ダウンロードサイトにアクセス

ダウンロードURL:https://github.com/d0k3/GodMode9/releases/tag/v2.0.0

 

『GodMode9-v2.0.0.zip』(赤印部)をクリックしてダウンロード

1.GodMode9v2.0.0をダウンロード

 

『GodMode9-v2.0.0.zip』を展開

ダウンロードした『GodMode9-v2.0.0.zip』を展開します。

ダウンロードフォルダの『GodMode9-v2.0.0.zip』を選択→右クリック→『全て展開』をクリック

2.GodMode9v2.0.0.zipを展開1

 

ファイルの展開先を指定→『展開』をクリック

3.GodMode9v2.0.0.zipを展開2

 

展開したフォルダ内のうち、『gm9』フォルダ・『GodMode9.firm』ファイルの2つを使います

4.『gm9』フォルダ・『GodMode9.firm』ファイルを使う

 

SDカード内『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダ内の2つのファイル・『GodMode9.firm』ファイルの保存のススメ

ここから、SDカード内の『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダ内の2つのファイル『GodMode9.firm』ファイル を、最新版→『v2.0.0』に置き換えていきます。

ただし『threeSD』以外で『GodMode9』を使用する場合は、最新版の方が不具合が少ないです。

そのため『threeSD』の吸出し作業が終わった後には、最新版に戻しておくことをおススメします

SDカード内の『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダ内の2つのファイル・『GodMode9.firm』ファイルは、以降の作業をする前にPCに保存しておいてください

 

『GodMode9-v2.0.0』フォルダ内のデータ をSDカードに保存

『GodMode9.firm』ファイル を SDカードの『luma』フォルダ→『payloads』フォルダの中にコピー

5.SDカード→luma→payloadsにコピー

 

『GodMode9-v2.0.0』フォルダ→『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダ内の2つのファイルをコピー6.gm9→scriptsフォルダの2つのファイルを使う
SDカード→『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダ内に貼り付け

7.SDカード→gm9→scriptsにコピー

 

これで『GodMode9-v2.0.0』のファイルの保存は完了 です。

 

『threeSD』をダウンロード

『threeSD』は、『Citra専用の吸出し・インストールツール』です

『threeSD』を使うと、SDカード内のデータを一括で吸出し・『Citra』にインストールができます

他の吸出し→『Citra』への導入方法と比べて、手間・不具合が少なく便利なツールです。

 

ダウンロードサイトにアクセス

ダウンロードURL:https://github.com/zhaowenlan1779/threeSD/releases

 

『threeSD.zip』(赤印部)をクリックしてダウンロード

1.threeSDをダウンロード

 

『threeSD.zip』を展開

ダウンロードした『threeSD.zip』を展開します。

ダウンロードフォルダの『threeSD.zip』を選択→右クリック→『全て展開』をクリック

2.threeSD.zipを展開

 

ファイルの展開先を指定→『展開』をクリック

 

展開した『threeSD』フォルダ内のデータ をSDカードに保存

『release』フォルダ→『dist』フォルダの中の『threeSDumper.gm9』をコピー

4.release→distの中のthreeSDumper.gm9を使う

『threeSDumper.gm9』ファイル を SDカードの『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダの中に貼り付け

5.SDカード→gm9→scripts内にコピー

 

これで『threeSD』のファイルの保存は完了 です。

 

 

なお、展開した『threeSD』フォルダは『Citra』にインストールする際にも使用します。

削除しないでおいてください

3.threeSD.zipの中身

 

ダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データの吸出し

SDカードを3DSに挿入

 

『STARTボタン』を押しながら電源ON→『GodMode9』起動

『STARTボタン』を押しながら電源を入れると、『GodMode9』が起動します。

『GodMode9』でSDカード内のデータを吸出します

1.STARTを押しながら電源ON

 

『HOME』ボタンを押す→『GODMODE9』の『HOMEメニュー』を表示

2.HOMEボタンを押す

 

下画面『Scripts…』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

Scripts:スクリプト。プログラムのことです。

3.Scripts...にカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

下画面『threeSDumper』にカーソルを合わせる→『Aボタン(決定)』を押す

4.threeSDumperにカーソルを合わせる→Aボタンを押す

 

『Aボタン(yes)』を押す→吸出し開始

『threeSD』の吸出しを実行しますか?

『GodMode9』のバージョンは『v2.0.0』である必要があります。

今実行している『GodMode9』のバージョンは『v2.0.0』です。

各メモリには400MB以下の空き容量が必要です。

→はい

5.Aボタンを押す

 

吸出し開始

6.吸出し開始

 

吸出し完了→『Aボタン(電源OFF)』を押す→SDカード取り出し・PCに接続

『threeSD』で必要なファイルの吸出しに成功しました。

電源を切りますか?

→はい

7.Aボタンを押す

 

電源が切れた後、SDカードを取り出しPCに接続します。

 

SDカード→『threeSD』フォルダができた

SDカード確認すると、新たに『threeSD』フォルダが作成されています

8.SDカードにthreeSDフォルダができた

 

これでSDカード内のダウンロードソフト・DLC・セーブデータ・更新データの吸出しは完了です

 

ダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データのインストール

『threeSD』で吸出したダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データを『Citra』にインストールしていきます

『threeSD.exe』を起動

まず、インストーラーである『threeSD.exe』を起動します。

 

展開した『threeSD』フォルダ→『release』フォルダ内の『threeSD.exe』ダブルクリック

1.threeSD→releaseのthreeSD.exeを使う

 

『詳細情報』(赤印部)をクリック

2.詳細情報をクリック

 

『実行』(赤印部)をクリック

3.実行をクリック

 

これで『threeSD.exe』が起動しました。

 

SDカードのパスを選択→『OK』をクリック

PCが認識しているSDカードのパスをクリックして、OKをクリックします。

通常、PCが認識しているSDカードのパスは一番上に表示されます

4.SDカードのパスを選択→OKをクリック

 

インストールするファイルにチェック→『OK』をクリック

インストールするファイルにチェックをします。

どれが必要かわからなければ、全てにチェックすればOKです。

必要だと思う分のみインストールして、後から不足分のみ同様の操作で追加インストールも可能です。

5.インストールするファイルにチェック→OK

 

インストール開始

6.インストール開始

 

インストール完了→『OK』をクリック

7.インストール完了→OK

 

『Citra』にインストールされた

『Citra』にダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データのインストールされました。

下画像では、ダウンロードソフトだった『ファイアーエムブレム Echos』が認識されています。

8.Citraにインストールされた

 

これでダウンロードソフト・セーブデータ・DLC・更新データのインストールは完了です

カートリッジ内のデータ・SDカード内のデータ全てを『Citra』にインストールできたことになります

 

忘れずに、SDカード内の『gm9』フォルダ→『scripts』フォルダ内の2つのファイル ・『GodMode9.firm』ファイルを元に戻しておいてください

 

エミュレーターで動作確認

最後に、『Citra』で動作確認をしてみます。

セーブデータをはじめ、『DLC』も反映されました

FE ifのセーブデータ・DLCデータが反映された

 

『ファイアーエムブレムif』DLCの不具合について
『ファイアーエムブレムif』のDLCは、

『GodMode9』でDLCの『.cia』を吸出し、複号化後に『Citra』にインストールしても、20個中8個しか反映されませんでした。

上手くいかない理由は不明ですが、非公式アプリで吸出しているため、多少の不具合は仕方ありません。

今回紹介した『threeSD』は『Citra専用』ではありますが、『ファイアーエムブレムif』でもすべてのDLCが反映されましたのでおススメ です。

 

まとめ

今回は、3DSROM・セーブデータ・DLC・更新データの吸出しをしました

 

初めは汎用的な吸出し方法を試したのですが、『ファイアーエムブレムif』のDLCで不足があり『Citra』専用の吸出し方法となりました。

エラーでお困りの方は試してみてください。

 

!吸出し・改造の際の注意!

私はPCのエミュレーターで遊びたいので、吸出しをしています。

あくまでも、自分が所有しているソフトを、自分がプレイするための措置 として行っています。

ネット上からダウンロードしたり、吸出しデータを保存しているソフトを売却することはしません

 

また、3DSの改造は『3DS本体』に非公式アプリを入れるため、法律的に問題がある可能性があります  。

さらに3DSを改造すると、任天堂のサポートを受けることはできなくなります

改造に伴い3DS本体が動かなくなったり、アカウントBANされたりしても自己責任となります。

 

吸出し・改造ともに法律的に問題がある可能性があります

ですが、私は法律に詳しくなく確実なことは分かりません

もし参考にされる方がいましたら、自己責任で 行ってください。

 

 

DSカートリッジの吸出し方法はこちら↓

 

3DSの改造方法【Ver.11.15.0-47J】はこちら↓

 

3DSを128GBのmicroSDカードに入れ替える方法はこちら↓

 

Wii実機を改造してWii・GCディスクを吸出す方法はこちら↓

 

WiiでGBAソフトを吸出す方法はこちら↓

 

PS1・PS2のソフトの吸出し方法はこちら↓

 

PS1のBIOSをプレステ公式からダウンロードする方法はこちら↓

 

PS2のBIOSを実機から吸出す方法はこちら↓

 

PSPのソフトの吸出し方法はこちら↓

 

CartReaderでファミコンソフトを吸出す方法はこちら↓

 

CartReaderでスーパーファミコンソフトを吸出す方法はこちら↓

 

CartReaderでNINTENDO64ソフトを吸出す方法はこちら↓

 

CartReaderでゲームボーイ(カラー)ソフトを吸出す方法はこちら↓

 

CartReaderでゲームボーイアドバンスソフトを吸出す方法はこちら↓

 

CartReaderでネオジオポケットソフトを吸出す方法はこちら↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう